世界を、かたちづくる。

内部統制

内部統制活動について

従来から推進してきた様々な活動に加えて、私たちは、内部統制委員会および監査部の活動を通じて、コンプライアンス(法令順守)の取り組みを一層強化しています。

内部統制委員会の役割

会社法により経営者は法令違反・損失を未然に防止する内部統制システムを構築する義務が明確にされました。各グループ会社の代表者を含む内部統制委員会は、「基本理念」に基づいて、東プレグループの目指す方向を誰もが分かるように、各自が念頭におく「行動指針」を作成しました。行動指針を具体化し、業務を効率的に推進できるよう、規定、マニュアル等を整備しています。

「内部統制システム」とは

  • 業務の有効性および効率性
  • 財務報告の信頼性
  • 事業活動にかかわる法令等の順守

これらを確保する為に、業務に組み込まれ、全員により遂行されるプロセスが、内部統制システムです。業務を効率的に推進し、法令を順守するために、「違反しない社風」、「違反しない仕組み」、「正しい経理書類を作成する仕組み」を作り、絶えず現状を評価して修正して行くという活動です。

当社は、この内部統制システムを整備・推進するために、内部統制委員会を設け、この下に次の三つの部会を設置しました。

1.コンプライアンス部会

「東プレグループ基本理念」「行動指針」を実践するために、関係会社を含む全部門でコンプライアンス活動をします。

2.リスク管理部会

リスクの抽出と評価及び、この対応策を作ります。

3.財務報告統制部会

業務手順書を作成し、この手順が守られているかチェックします。

東プレグループ 内部統制 模式図

内部統制模式図