世界を、かたちづくる。

トップメッセージ

塑性加工技術を進化させ、応用し、お客様のニーズに応えつづける。 取締役社長 内ヶ崎真一郎

東プレは1935年の創業以来、コアテクノロジーである塑性(プレス)加工技術と金型設計技術を進化させてきました。今日ではそれらの技術を応用し、自動車関連製品だけでなく、定温物流や空調機器、電子機器の分野においても高品質な製品を提供し、お客様から高い評価をいただいております。
企画設計段階から開発に携わる一貫生産体制や、独立系ならではの柔軟な発想と高い技術力、それらに裏打ちされた独創的な提案力が、他社に真似できない東プレの強みです。真のニーズを追求し、独自の発想と技術でモノづくりに取り組んでいます。
近年では、お客様のグローバル展開に対応するべく海外
生産拠点を強化。アメリカや中国2拠点、メキシコ、タイへも進出。自動車メーカー様をはじめ多くの企業が現地需要拡大や労働コスト削減、為替リスク軽減などの理由から海外進出を加速させる現代、東プレはグローバル化の波を捉えお客様のニーズに応えていきます。
ようやく回復の兆しを見せ始めた国内経済に加えて、世界経済も堅調な新興国に支えられて回復、成長への期待が高まっています。東プレは独立系ならではの自由で柔軟な発想で、今後もこれからの時代に合った新しいニーズに対応。グローバル化を進めながら需要のある所でのモノづくりを進め、さらなる成長と発展をつづけてまいります。