食の安全をを、かたちづくる。

定温物流関連製品

繊細な温度コントロールを実現する、東プレの一貫生産体制。

東プレは国内で唯一、冷凍車の冷凍装置とコンテナを一貫生産。低温仕様から中温仕様、加温仕様まで、荷物に合わせた最適な温度帯の冷凍車を製造することができます。コンテナには、断熱性と耐久性に優れたFRP素材を使用。さらに一体成型することで、より堅牢で、より気密性の高い構造を実現しました。

イメージ図:生産体制

他にはない技術と発想で、おいしさと安全を、次の形へ。

業界最軽量のフレームと高効率熱交換システムで冷却能力を向上させた「XVシリーズ」をはじめ、さまざまな先進技術を生み出した東プレ。独自の技術と発想で、食品の配送環境に革新をもたらしてきました。サイズラインナップも、軽車輌から2トン車、大型車まで、豊富に取り揃えています。

冷凍車の進化を支える、さまざまな先進技術

  • ロゴ:XVシリーズ
  • ロゴ:GBS
  • ロゴ:RHシステム

幅広いニーズに応える、豊富な車輌ラインナップ

写真:車輌ラインアップ

環境に対する取り組み

東プレは『環境にやさしい冷凍車』作りを目標に
工場における生産過程でも環境への配慮を心掛けています。

  1. 冷凍車は、自動車リサイクル法の規制対象外でありますが、自主行動計画に基づき使用済み冷凍車の適正な処理を実施するための情報を提供させていただきます。
  2. 使用済み冷凍車の廃棄物の3R(リデュース、リユース、リサイクル)のため、社内ガイドラインを作成。チェックリストでモデルチェンジおよび設計変更時の確認を行い、環境にやさしい冷凍車づくりに努めております。
  3. 冷凍車生産過程に発生する廃棄物はリサイクル処理90%以上を目標に活動しております。
  4. 環境負荷4物質の削減について、日本自動車車体工業会の計画に沿って活動しております。
  5. 冷凍車使用部品は一部の配線部品を除き、脱塩ビを達成しております。
  6. 木材使用率の低減に向けた構造開発に努めております。
  7. ノンフロン断熱材の採用を進めております。

冷凍車/保冷車解体マニュアル