クルマの未来を、かたちづくる。

プレス関連製品

クルマ社会の新しい形を、プレス加工技術で実現していく。

1935年の創業以来、東プレはおよそ80年にわたって塑性(プレス)加工技術を磨きつづけてきました。独自の金型製造技術や独立系メーカーだからこその自由な発想と高度な企画設計力で、高品質な自動車部品を数多く開発。近年では、自動車の安全性を確保しつつCO2排出量削減をサポートしていくために、各パーツのさらなる軽量化と高強度化を追求。地球環境と新しいクルマ社会のための技術を提供していきます。

超ハイテン材で強さと軽さを両立。

製品イメージ:超ハイテン材

東プレが持つ大きな強みの一つが、ハイテン材(高張力鋼板)の加工技術です。鉄の中でも特に強度が高いハイテン材は強さと軽さを併せ持つ一方で、成形するのが非常に困難でした。東プレは高い技術力で早くからハイテン材プレス製品の製品化をスタート。現在では、1180MPa級の強度を持つ超ハイテン材の加工も実現させ、自動車の骨格部品の素材として活用しています。
ハイブリッドカーや電気自動車など、燃費向上への意識が高まる中、東プレはハイテン材・超ハイテン材の加工技術を通してクルマ社会の安全と環境配慮をサポートしていきます。

ホットスタンプ工法で飛躍的に強度をアップ。

さらなる軽量化と高強度化のために、東プレは新たにホットスタンプ工法を開発。約900℃に熱した鋼板を、プレスすると同時に焼入れ(熱処理)し、強度を大幅に向上させました。これにより1470MPa級強度の製品が量産できるように。さらには、この技術を日本の部品メーカーとしては初めて、アメリカの工場に導入しています。
これからのクルマ社会のために、東プレにしか提供できない技術があります。

製品イメージ:ホットスタンプ工法

ホットスタンプ製品

写真:ホットスタンプ作業工程

ホットスタンプ作業工程

写真:ホットスタンプ量産設備

ホットスタンプ量産設備

迅速さと正確さを両立する生産体制。

あらゆるメーカー様のニーズに応えるため、東プレでは複数種のCADソフトを揃え、高精度解析のためのCAEも導入。一貫生産ラインも完備。企画から量産までを短期間で行える開発・生産体制で、お客さまの求めるスペックに迅速に的確に応えていきます。

図:生産体制
イメージ:CAE

シミュレーションを行うCAE(コンピュータ強度解析)を導入し、成形や強度、衝突などについて精度の高い解析を行っています。

※Computer Aided Engineering

磨きつづけてきた技術を、
暮らしとビジネスのさまざまなシーンへ。

イメージ:事務機器関連製品・交通信号機

東プレの高度なプレス加工技術は、自動車の他にもさまざまなフィールドで活躍しています。
事務機器の分野では、複写機やプリンタの設計段階から開発に参画し、精度の高い筐体を製造。交通信号機の分野では、メンテナンス性と設置性に優れた製品を開発。プレス加工というコアテクノロジーを多様な分野で応用する、その柔軟さも私たちの強みの一つです。