サステナビリティ

私たちのサステナビリティに対する考え

当社は、塑性(プレス)加工を主とし製罐(せいかん)・鈑金を営む会社として、1935年に創業しました。

今日では、コアテクノロジーである塑性(プレス)加工技術と金型設計技術を応用し、自動車関連製品だけでなく、定温物流や空調機器、電子機器の分野においても高品質な製品を提供し、お客様からのニーズに的確に応えてまいりました。

自動車が、安全と環境に配慮した走りを実現するその時、冷凍車が、食の安全をより確かなものにしていくその時、私たちが生み出してきた数々の製品が、そこに活かされています。クリーンな空気を守る空調機器にも、 IT 社会に欠かせない電子機器にも、私たち独自の技術と発想が息づいています。

当社は、これらの事業を通じて社会と共に持続的成長を目指します。

持続可能な開発目標(SDGs)とは

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

東プレの取り組み

事業を通じた環境配慮

環境配慮製品

東プレが持つプレス関連製品事業・定温物流関連製品・空調機器関連製品・電子機器関連製品が地球環境に貢献しています。

7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに|11.住み続けられるまちづくりを|12.つくる責任 つかう責任|13.気候変動に具体的な対策を|15.陸の豊かさも守ろう
事業所の取り組み

地球環境の保全が人類共通の最重要課題であることを認識し、事業活動を推進します。

11.住み続けられるまちづくりを|13.気候変動に具体的な対策を|15.陸の豊かさも守ろう

社会とのかかわり

労働安全に向けた取り組み

全社員の健康の増進、および快適な職場環境の促進、全事業所における安全衛生の水準の向上を図っています。

3.すべての人に健康と福祉を|4.質の高い教育をみんなに|8.働きがいも経済成長も
投資家株主とのかかわり

投資家の皆様へ当社を知っていただくために、幅広い取り組みを行っています。

8.働きがいも経済成長も|17.パートナーシップで目標を達成しよう
従業員とのかかわり

休暇等に関する社内独自制度を設けるとともに、女性の活躍推進・子育てと仕事の両立・人材育成・ダイバーシティ等に幅広く取り組んでいます。

4.質の高い教育をみんなに|5.ジェンダー平等を実現しよう|8.働きがいも経済成長も|17.パートナーシップで目標を達成しよう

マネジメント