労働安全に向けた取り組み

社会とのかかわり

労働安全に向けた取り組み

安全衛生に関する基本的な考え方

当社は安全衛生管理規程を制定し、安全衛生管理に関し必要な事項を定め、連続的かつ継続的な労働安全衛生管理を自主的に行うことにより、労働災害の潜在的危険性を低減すると共に、全社員の健康の増進、および快適な職場環境の促進、全事業所における安全衛生の水準の向上を図っています。

安全の標準システム

東プレグループは、『安全は全てに優先する』という人間尊重の理念で本質安全化を推進・実施するためにグループ共通の安全標準システムを策定しております。

この安全標準システムを元に安全活動の推進及び安全のルール決めを実施して従業員の安全を守り、災害0から危険0の実現を目指し、東プレの本質安全化を進めています。

東プレグループの安全体系図

安全の標準システムの例

雇入れ時安全衛生教育手順、新入社員安全衛生教育手順、安全管理者教育手順、部門別安全教育手順、リスクアセスメント実施手順等

安全な職場作りへの取り組み

当社の従業員は入社時に必ず安全教育を行い、全従業員に安全の手引きの配布、設備等の危険を擬似体感できる安全体感室の設置やリスクアセスメント活動により、安心して働ける職場作りを目指しています。また構内に安全順守事項ののぼりの掲示や、歩道に分かりやすいステッカーを設置するなどして、安全意識への注意喚起を行っています。

安全衛生委員会の実施

当社は従業員数に関わらず全事業所において、安全衛生委員会を設置し、月に一回、開催しています。委員会では、安全衛生管理に関する次の事項について調査、審議を行い従業員の安全と衛生等の報告などを行い、上がった問題点についての具体的な施策をそれぞれの事業所で検討・実施しています。 又、産業医からの健康指導についても実施しています。

従業員の健康管理

当社は、東プレ健康保険組合の協力し従業員の健康増進を進めております。

健康診断

  • 定期健康診断、特殊健康診断の実施により従業員一人一人の健康に向けた取り組みに力を入れています。(2019年度健康診断受診率:99%)
    産業医、保健師が健康リスク対象者と面談を行い、受診勧奨や生活習慣の見直しなどの保健指導を行い、改善を進めています。
  • ストレスチェック義務化に伴いメンタルヘルスケアに関する取り組みを国内グループ会社に対して行っています。
    健康保険組合の全被保険者を対象に年1回ストレスチェックを実施。(2019年度ストレスチェック受診率:92%)

従業員のメンタルヘルスケア(健康・医療 電話相談サービス)

「こころ」と「からだ」の健康相談

  1. 24時間電話健康医療相談 ※従業員本人とそのご家族
    経験豊かな医師・保健師・看護師などの相談スタッフが健康・医療・介護・育児・メンタルヘルスなどに関する相談にアドバイスいたします。
  2. メンタルヘルスカウンセリングサービス(無料) ※従業員本人のみ
    臨床⼼理⼠などの⼼理カウンセラーが電話・⾯談カウンセリングをいたします。

救命措置講習会

職場での事故や緊急時対応の際に、適切な救急・応急手当を行い、社員の健康障害を最小限にすることを目的として、AEDの設置や相模原市消防署員の方にお越し頂き、心肺蘇生法やAED(自動体外除細動器)の使用方法に関する講習会を年1回開催しています。