気候変動への対応

事業を通じた環境配慮

カーボンニュートラルへ向けて

CO2排出量削減目標の設定

地球規模の課題である気候変動問題への対応は今や必然となっており、東プレグループを取り巻く事業環境においても非常に重要な項目になってきております。当社はCO2取り組みを加速すべく、気候変動対策部を発足し、グループ全体としての長期目標(イメージ)を設定致しました。

省エネ改善、太陽光パネル設置、再エネ電力購入、CO2排出権取引を基本に、生産活動におけるCO2排出量を2020年度基準で「2030年度30%削減」、「2050年度カーボンニュートラル」を達成すべく活動してまいります。

CO2削減目標

生産活動のCO2排出に関して、
2050年カーボンニュートラル達成を目標とする
CO2削減目標イメージ

東プレグループCO2排出量

当グループの燃料の消費・使用電力に伴うCO2排出量は、2020年度で約68,100tonとなります。

CO2排出量グラフ
※CO2排出量算出の精度アップにおいて微修正の可能性があります。

CO2削減に向けた取り組み体制

当グループは、2050年のカーボンニュートラルを目指し、経営層から構成される気候変動対策体制を設置し、目標達成のため何をするのか常に考え取り組んで参ります。

CO2削減に向けた取り組み体制図