盤用冷却ユニット

制御盤内部を、熱と異物からしっかりガード。

制御盤の安定した稼働には、盤内環境を最適に保つふたつの対策が必要です。

対策1:制御機器から放出される熱の処理 制御機器は多数の半導体や電子部品から構成されていますが、中でも電解コンデンサ等は熱に弱く、温度が10℃上昇すると部品の寿命が半分に縮まるとされています。 対策2:異物侵入対策 外気の導入により、ほこりやオイルミスト、金属片等の粉塵が制御盤内に侵入すると、トラッキング現象や活線部でのショートを引き起こし、機器が破損する恐れがあります。 だから→密閉型内部循環冷却方式を採用 盤クーラーを設置しない制御盤では、盤内に熱がこもってしまう。 盤クーラーは、盤内の温度を一定に保ちつつホコリを含む外気はシャットアウト。

特徴

選べる冷却機能・取付方法
冷却能力0.5~4.0kWに対応可能。壁掛タイプ、天置タイプ、屋外タイプ、ドレンレスタイプをご用意し、使用環境に適した製品を選べます。
2種類のフィルタ
使用環境に合わせて、サランネットフィルタをフィレドンエアフィルタを選べます。
※標準品はサランネットフィルタを採用
ドレン水漏洩対策
天置タイプ全機種にドレン水検知用フロートセンサーを標準準備。制御盤内へのドレン水漏洩の心配はありません。

製品情報

壁掛けタイプ(コンプレッサ式)

天置きタイプ(コンプレッサ式)

壁掛けタイプ(熱交換器式)

空調機器関連製品に関する
お問い合わせ

空調機器部

0574-53-2180

受付時間:9:00~17:00(土日・祝祭日・7月第一月曜日・年末年始を除く)