事業所の取り組み

事業を通じた環境配慮

事業所の取り組み

環境基本理念

地球環境の保全が人類共通の最重要課題であることを認識し、事業活動を推進します。

我々は、事業活動の遂行にあたり、環境に優しい企業を目指し、リデュース、リユース、リサイクルの3Rを推進し、省資源に努めます。

環境方針

汚染の予防と環境保護に努めます。全ての製品、開発、生産、販売において、環境パフォーマンスを向上させる為、環境マネジメントシステムの継続的改善に努めます。

  1. 環境に優しい技術・製品開発を推進します。
  2. 電気使用量を抑え資源の節約と再利用を推進します。
  3. 当事業所に関係する法規制及び事業所が同意するその他要求事項を守ります。
  4. 環境に有害な物質の使用及び排出の最小化をはかります。

環境マネジメント

ISO14001の認証取得

当社では、環境マネジメントを適切に運用する為、ISO14001 を各事業部毎に認証取得し、『環境マネジメントシステム』を構築しております。

各事業所は環境マネジメントシステムに基づき継続的改善に向けた環境活動を実施しております。

  • 相模原・栃木/広島・岐阜・九州取得有り

環境監査

環境マネジメンシステムに対し、事業所内部監査と審査登録機関の外部監査を定期的に実施しています。監査による指摘事項に対しては、原因と対策を定め、迅速な是正対応を実施しています。また、内部監査員は教育を計画的に行い質の高い監査を追及しています。

環境マネジメントレビュー

環境マネジメントシステムの、継続的改善、適切性、妥当性及び有効性を確保する為に、事業所のトップによる定期的な見直しを実施しています。

環境活動への取組み

  • マザー工場の相模原事業所での取り組み

環境改善委員会の実施

月に一回環境改善委員会を開催し、各部門の環境活動について討議と展開、報告を行い、環境保全活動の継続的改善を実行しております。

法令順守

各事業所は環境法規順守状況を定期的に評価・報告し違反が無い事を確認しています。更に、相模原環境事務局が各事業所の順守状況に関し定期的な監査を実施しております。

廃棄物の管理

各事業所から発生する廃棄物に対し、十分に分別し適切な処理と環境の保全及び公衆衛生の工場を図ると共に廃棄物の資源化、減量化を図っています。

化学物質の管理

新規購入物質については、その含有化学物質の使用用途、有害性、使用量等について、環境管理部門へ評価依頼を行い、評価実施後購入するシステムで、確実な管理を実施しています。

教育・訓練

自覚教育

全従業員に対し、地球環境問題、ISO14001の概要、環境方針と環境改善計画、各部門の担当業務による環境への影響を教育しています。

緊急事態への対応

起こりうる緊急事態に対し、各部門では発生に備えて、必要に応じて環境影響の予防と緩和の手順を定め、年1回以上の義務訓練を実施しています。

また、環境汚染の予防と緩和の為、可能な範囲で施設、器具等を整えています。

環境データ

産業廃棄物排出量(単位:t)
2017年度 2018年度
相模原事業所 103.925 89.558
広島事業所 286.511 292.86
栃木事業所 723.90 562.70
岐阜事業所 47.915 54.261
埼玉工場 9.66 9.09
合計 1,171.911 1,008.469
電力使用量(単位:千KWH)
2017年度 2018年度
相模原事業所 11,383.80 11,577.70
広島事業所 1,949.60 1,843.00
栃木事業所 4,537.70 4,211.50
岐阜事業所 998.98 1,161.40
埼玉工場 3,316.50 3,269.90
合計 22,186.58 22,063.50
売上高(単体)
2017年度 2018年度
売上高(百万円) 109,975 112,073