内部統制(コンプライアンス)

内部統制活動について

当社は、東プレグループ基本理念および行動指針に基づき、「違反しない社風」「違反しない仕組み」を構築するため、内部統制システムの整備に関する基本方針を定め、適正かつ効率的な業務遂行に努めています。

内部統制委員会の役割

会社法により経営者は法令違反・損失を未然に防止する内部統制システムを構築する義務が明確にされました。各グループ会社の代表者を含む内部統制委員会は、「基本理念」に基づいて、東プレグループの目指す方向を誰もが分かるように、各自が念頭におく「行動指針」を作成しました。行動指針を具体化し、業務を効率的に推進できるよう、規定、マニュアル等を整備しています。

「内部統制システム」とは

  • 業務の有効性および効率性
  • 財務報告の信頼性
  • 事業活動にかかわる法令等の順守

これらを確保する為に、業務に組み込まれ、全員により遂行されるプロセスが、内部統制システムです。業務を効率的に推進し、法令を順守するために、「違反しない社風」、「違反しない仕組み」、「正しい経理書類を作成する仕組み」を作り、絶えず現状を評価して修正して行くという活動です。

当社は、この内部統制システムを整備・推進するために、内部統制委員会を設け、この下に次の三つの部会を設置しました。

1.コンプライアンス部会

  • 当社グループ全体のコンプライアンス経営強化のため、コンプライアンス部会を年2回開催し、役員・従業員のコンプライアンス意識のさらなる浸透を図るとともに、コンプライアンス活動の実施状況を調査・報告・監督し、必要に応じて改善を図っています。
  • 定期的に開催される階層別教育を通じて、コンプライアンスについての教育、啓発を実施しています。
  • 当社グループ各社を対象とした内部通報制度および相談窓口を設置しており、従業員への制度の周知と利用環境の整備に努めています。
  • 定期的に配布する社内報にて、コンプライアンス啓発に関する情報を掲載し、法令のみならず、社内の諸規程等についての周知を図っています。

2.リスク管理部会

  • リスク管理部会を年2回開催し、自然災害リスクや事故災害リスク、海外各拠点におけるリスクなどの調査を行い、その管理体制の見直しを行っています。
  • 当社グループ各社において各部門ごとの想定されるリスクの再抽出と再評価を行い、その対策を策定しています。

3.財務報告統制部会

  • 財務報告統制部会を年2回開催し、当社グループ全体の資産管理と会計について定期的な評価を行い、財務の適正を確保しています。
  • 当社グループ全体の経理・会計・原価・財務に関する業務の正確性・統一性の確保を図るため、経理部門グローバル研修会を開催しています。

東プレグループ 内部統制 模式図

内部統制模式図